クリニック紹介|経堂皮膚科・泌尿器科|経堂駅徒歩30秒

お気軽にお問合せ・ご相談ください TEL  03-3429-4112 9月1日より開通予定)

クリニック紹介

クリニック紹介

クリニックギャラリー

受付

待合スペース

クリニックキオスク

廊下

診察室①

診察室②

パウダールーム

処置室

トイレ①

トイレ②

ご褒美BOX

※画像をスライドしてご覧下さい。

医療機器

超音波(エコー)検査機

超音波(エコー)検査機

皮膚の下にできるしこり(皮下腫瘍)の大きさ、形態などを調べるために超音波エコーを使用します。
エコーは視診や触診だけでは得られない情報を得られると同時に、手術時にも腫瘍の大きさや部位をあらかじめ調べる事が可能です。
泌尿器科では超音波を用いて、尿路悪性腫瘍、腎結石や前立腺肥大などの良性腫瘍も評価が可能です。

尿流測定装置(ウロフローメトリー)

尿流測定装置(ウロフローメトリー)

当院ではTOTO社のフロースカイを導入しております。自然な排尿状態で尿流率と尿量を測定できます。

ルミナス社 M22

ルミナス社 M22

IPL(Intense Pulsed Light)とよばれる特殊な光を照射する医療機器です。M22は厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器です。従来と比べ、光の波長の選択肢が増え、光の出方もより細かく設定できるようになりました。お悩み(シミ・ソバカス、くすみ、赤ら顔(毛細血管拡張)、毛穴、小じわ、たるみなど)に応じてよりきめ細やかな治療が可能です。Qスイッチヤグレーザーも搭載しております。

ダーモスコープ

ダーモスコープ

皮膚の腫瘍やホクロなどの色素病変をみる時に使用します。
ほくろの癌といわれるメラノーマか、普通のホクロかどうかを判断したり、どのような皮膚の腫瘍なのかを診断したりするときに有用な情報が得られます。

顕微鏡検査

水虫の原因となる白癬菌、カンジダ、癜風など真菌(カビ)の検査に顕微鏡を使用します。毛や爪を調べることもあります。

ナローバンドUVB

太陽光に含まれる紫外線(UVA、UVB、UVC)のうち、従来使用されていた長波長紫外線(UVA)より治療効果の高い、限られた波長の中波長紫外線(UVB)を照射する治療方法です。